こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

感覚過敏によるストレスが問題行動につながっていることもあります。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

ASD(自閉症スペクトラム)では、感覚過敏を持つ子が多いですが、
過敏さのない人にはなかなか理解しにくいものです。

ただ、そのストレスが「授業中にじっと座っていられない」
「突然教室から飛び出す」という行動として表れているケースも
あるので、目に見える問題行動だけではなく
その背景をしっかり見極めることがとても大切です。

私達も、子ども達1人1人に寄り添った支援を大事に、
今後も療育活動を丁寧に行なっていきたいと思います。

こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で提供している
運動療育プログラムから「忍者カンガルーの縄越え」をご紹介します。

少し高さのある縄を、両足を揃えたカンガルージャンプで
跳び越えて遊びます。

縄の高さは子ども達の膝の高さ程度に設定します。
その縄の前に立ち、両膝をくっつけたままジャンプしますが、
「忍者」なので足音を立てないように静かにジャンプ、着地をします。

音を立てない静かな着地を意識することで、
下半身のクッション性や全身の連動性を高めることができます。
また、ジャンプ遊びでは足の指先の踏ん張り力や脚力、
腹筋背筋もしっかり育てることができます。

上手に行なうためには気をつけるポイントがいくつかありますが、
全てを意識して行なうのは難しいので、
ポイントを絞ってあまり指摘しすぎないようにし、
楽しい運動あそびの時間になるようにしています。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ