こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

ADHDではストレス耐性の低さや感情コントロールの弱さも特徴となります。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

生活をする上では日々少なからずストレスを感じる場面があり、
ストレスにも強い人と弱い人がいますが、
ADHDの人はストレス耐性が低く、ストレスに弱い傾向にあるといわれます。

また、感情のコントロールが苦手で他人からの何気ない言葉に
深く傷ついたり、他人からしたら些細と思われることでも怒りの感情を
爆発させてしまったりと、感情の起伏が激しく不安定なことも多くあります。

こうした特性によって友達付き合いがうまくいかなくなったり、
二次障害につながりやすくなってしまったり、苦労することも多いので、
できるだけ早期に適切に支援をしていくことが大切になります。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは運動療育を主軸としていますが、
運動療育で効果的に感情コントロール力を身に付けたり、
人間関係形成に必要な社会性、コミュニケーション能力を
習得していくことができます。

教室で提供している運動療育プログラムの中から
「サルのカップキック」をご紹介します。

まず鉄棒に逆手でつかまり、腕を曲げた状態でぶら下がります。
この姿勢でカップをキックしてもらいますが、
指導者が鉄棒の前で赤と青の2色のカップを出して、
どちらのカップをキックするかを伝えるので、
そのカップを足でキックします。
できれば両足を揃えてキックするのが良いですが、
最初のうちは片足でも良いです。

指示に素早く反応してキックをするためには、腕を曲げた状態で
ぶら下がっていることがポイントになります。
腕を伸ばしてぶら下がっているとキックを出すのが遅くなり、
左右に体を動かそうとしても腰から下が動くばかりで
狙ったところをキックすることができません。

しっかり脇を閉めて腕を曲げた状態でのぶら下がりキックが
できるように、補助もしながら練習していきます。

慣れてきたら、色の指示を「赤→青→赤の順にキック」などにして、
記憶力も刺激していきます。
ぶら下がりで筋力に負荷がかかっている状態で
頭を使って考えることで、脳のワーキングメモリ強化にもつながるので、
いろいろな遊び方で繰り返し取り入れていきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ