こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

感情のコントロール力を養う「忍者カンガルーが転んだ」で遊びます。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

運動療育プログラムの「忍者カンガルーが転んだ」という遊びをご紹介します。
一般的な「だるまさんが転んだ」を、運動あそびのカンガルージャンプでやってみます。
「忍者」が付くので、足音を立てない静かなジャンプで行ないます。
足音が立たないようにジャンプをするには、かかとを上げたつま先だけのジャンプが
ポイントなので、事前に確認し練習しておきます。

やっているうちに速く進みたくてつい走りたくなりますが、
それを我慢して、カンガルージャンプで行ないます。
それでもだんだん走りたくなるので、足の間にタオルなどを挟むと、
足を閉じた良いジャンプにもなるので効果的です。

この遊びでは、動く→止まるを繰り返すので体をコントロールする力がつき、
鬼の声に合わせて動くことで、人に意識を向けることもできます。
また、人のタイミングで動くことは前頭前野に良い刺激を与えてくれ、
感情をコンロールする力を育てることにもつながります。

発達障害を持つ子ども達の多くは、感情をコントロールすることが苦手なので、
体を動かす遊びの中で効果的に育てていけるようにしています。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ