こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

ASDによる特徴とうまく付き合っていく方法を身に付けることが重要です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達にはいろいろな特徴があります。
同じ文言をつぶやき続ける、難しい知識は持っているのに会話が苦手、
いつも手のひらをヒラヒラさせたり、同じ場所をグルグルしている、
相手が怒っていてもわからない、すぐにかんしゃくを起こす、
など、発達障害の知識がない人から見たら、一見不思議に思えるような
行動が多く見られます。

大きくなるにつれてこのような行動や、多動の部分は
落ち着いてきますが、社会性やコミュニケーションの問題、
こだわりは消えることはないので、うまく付き合っていく必要があります。

できるだけ早期から療育を行ない、自分の特性との付き合い方を身に付け、
生活面や学習面での困難さを軽減できるように
私達も全力でサポートしていきたいと思います。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「ボール足挟み渡しっこ」をご紹介します。

子ども達は数人ずつに分かれて座ります。
裸足で体操座りのように座ったら、両手は後ろにつき、
足を前に出して両足の指先でボールを挟んで持ち上げます。

この時、腹筋が強く養われるので、できるだけ高い位置で
ボールの受け渡しができるように促します。
また、ボールを挟む際に指先に力を入れることで、
腰から足全体に力が入り、下半身の連動性を高めることもできます。


足でボールを持ち上げたら、隣の友達に渡していきます。
受け取る人も、両足の指先で挟むようにして受け取ります。


ボールを渡すやりとりで、相手とコミュニケーションをとったり、
相手が受け取りやすいように気遣うことを
覚えるのも大切なポイントです。


わかりやすく理解を促しながら、こうした遊びの中で、
身体面も社会性の部分もしっかりと育てていきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ