こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

発達障害の子は白黒思考の特性を持つことがあり適切な働きかけが必要です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

発達障害を持つ子ども達の中には、失敗を極端に恐れたり
物事を0か100かでとらえてしまうといった
二極思考・白黒思考の特性を持つ子が多くいます。

この特性がある子ども達は、ゲームや競争で負けそうになったり、
テストで少し間違えただけでも泣いてパニックになったり、
自分はダメな人間だと思い込んでしまったりします。

これは性格の問題ではなく発達障害による特性で、
この考え方の特性によって一番辛いのは子ども本人です。
すぐに改善できることではありませんが、
その子に合った関わりを続けていくことで
少しずつ気持ちの切り替えや柔軟な思考を身に付けていけるので、
1人1人に合わせた方法を見つけてサポートを
続けていきたいと思います。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「プチリレー」をご紹介します。

子ども達を数人ずつチーム分けし、リレーを行います。
自分のチームの友達を覚えて、自分のチームの順位や
自分の順番をしっかりと把握し、スムーズにバトンの受け渡しが
できるようにしていきます。

コースは、直線や円のコースだけでなく、三角コーンを使って
ジグザグコースにしたり、途中にタッチするポイントや
ジャンプするポイントなどを作ってコースをアレンジすると、
走るのが苦手な子でも楽しめます。

やることはリレーですが、ただ走ることが目的ではなく、
主に社会性を育てていくことが目的の遊びです。
なので、友達と応援し合うことや、教える教えられるなどの中で
こうした意識を高めていけるように促しながら
取り入れていきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ