こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

ADHDはエネルギーのコントロールが苦手なので配慮が必要です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

ADHDの子ども達の中には、常にパワフルに動き回っている
多動性の目立つタイプの子がいます。
周囲からすると「疲れないのかな」と思うほど
動き回っているのですが、これは他の人より
エネルギーが有り余っているからではなく、
コントロールをすることが苦手な脳の特性によるものです。
そのため、むやみに消費して突然電池が切れてしまう、
ということもよくあります。

この場合も、周囲がコントロールしてあげるなどの
支援や配慮が必要になってきます。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで
提供している運動療育プログラムから
「カップひっくり返し競争」をご紹介します。

たくさんのカップを用意し、ひっくり返した状態で
床にばらまいておきます。
子ども達は両足をくっつけて跳ぶカンガルージャンプで進み、
このひっくり返ったカップを、全て反対に返していきます。
全てのカップをひっくり返したら、またカンガルージャンプで
最初の位置まで戻ってきます。

カップを早くひっくり返したくて走っていきたい気持ちを
我慢して、カンガルージャンプで進むことで抑制力が育ち、
友達と協力したり、ルールを守ることで社会性なども
養うことができます。

また、ジャンプやしゃがむ動きを繰り返すことで
下半身の筋力や体幹、つま先の踏ん張る力などが強くなるので、
繰り返し楽しく参加できるようにしていきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ