こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

ADHDで現れる特徴は成長につれて変わることもあります。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

ADHDにはタイプがあり、ADHDの特徴とされる3つの特徴のうち
一番強く現れるものがその人のタイプになります。
注意力散漫で忘れっぽい不注意優勢型、
落ち着きがなく、突発的な行動が多い多動性衝動性優勢型、
全てを併せもっている混合型があります。

ただ、成長の過程で変化したりすることも多いので、
その時の症状に合った対応が大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「ウルトラマン」遊びをご紹介します。
子ども達は2人一組になり、1組に1つずつフープを渡します。
ペアの中で、フープを引っ張る役と
フープにつかまって引っ張られる役を決めます。


引っ張られる役の子は、うつ伏せになってフープを両手で握り
顎を開いて、足は伸ばして閉じておきます。
引っ張る役の子は、ペアの子の方を向いてフープを持ち、
後ろ向きに引っ張って歩きます。


まっすぐ進むだけの時は比較的簡単ですが、
カーブする時は、引っ張られる子は体が脱力していると
左右に振られてひっくり返りやすくなります。
足を閉じて全身に力を入れて、ひっくり返らないように
踏ん張ります。

引っ張る子も、相手がひっくり返らないようによく見ること、
いきなり強く引っ張ったり、急な方向転換をしないように
気をつけて引っ張ります。


この遊びでは、どちらも握力や懸垂力、腹筋背筋などを
養うことができます。
また、お互いに相手の様子に意識を向けながら動くことで
社会性も身に付けていくことができます。

慣れるまでは指導者が引っ張る役をやりますが、
慣れてくると子ども達同士でも上手に行なうことができ、
ペアを作ったり、役割交代をしたり、
いろいろなことにも挑戦できるようになってきます。
ペアの遊びは集団遊びの基礎になるので、
様子を見ながら取り入れるようにしています。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ