こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

発達障害では体幹など筋力が弱いことで生活に影響が出る場合があります。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

発達障害の子ども達の中には、筋力が弱くて日常生活で困難さを
感じている子ども達がいます。

体幹の筋力が弱いために座り姿勢を維持するのが難しく、
食事や勉強、テレビを見たりお絵かきをする時に
なかなか集中できないという場合や、
まっすぐ走る、ジャンプ遊び、階段の昇り降りなどが苦手で、
友達との遊びが楽しめないということもあります。

学校生活では椅子に座って勉強をする時間が長いので、
座り姿勢を維持できないと学習にも影響が出たり、
本人にとっては座っているだけで精一杯なので、常にストレス状態で
かんしゃくを起こしやすくなってしまうなどの影響もあります。

子どもに筋トレは不向きなので、遊びながら少しずつ基礎的な筋力を
つけていくことが大事になります。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「ウシガエルのフープ渡り」をご紹介します。

直径30cmほどの小さめのフープを複数用意し、
3つで1つの逆三角形の形を作ります。
これを縦にくっつけて並べ、直線のコースを作ります。


まず両手を手前のフープの中に揃えてついたら、
足を開いてジャンプし、前の2つ並んだフープの中にそれぞれ着地します。
これを繰り返してコースを進んでいきます。


この動きでは、先についた手よりも前に足を出すので、
一瞬ですが腕で全体重を支える必要があります。
そのため、腕で体を支える支持力が育ちますが、まだ力が不十分だと
顔から転んでしまったりする場合があるので、
子ども達の段階を見ながら安全に配慮して取り入れています。


手や足がフープの当たらないように進むことで、
空間認知力や身体コントロール力、先を読んで動く力なども養われます。
そして、この動きが上達すると跳び箱の開脚跳びにつなげていくことができるので、
少しずつ段階を踏み、たくさんの成功体験を積みながら
運動経験を増やしていきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ