こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

発達障害児のパニックは「やめさせる」のではなく「起こさせない」ことです。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

自閉症やアスペルガー症候群、ADHDなどの発達障害がある子ども達は、
パニックやかんしゃくを起こしやすい傾向があります。
そんな時に叱ったり、言葉をかけるのは逆効果になるので、
「やめさせる」というよりは事前の工夫や配慮によって
「起こさせない」ことが大切です。

予定や予定の変更は前もって知らせておいたり、
ルールややり方などは視覚的に伝えたり、
いろいろなことを経験してもらいながら、納得できることを増やしていく
などのことが必要になります。

子ども達の不安やストレスが少なくなり、
生活がしやすくなるようにサポートをしていきたいと思います。

私達こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「ジグザグかけっこ」をご紹介します。
縄やテープで、ジグザグのコースを作ります。

スタートの合図で指導者が子ども達を追いかけるので、
子ども達はコースの中を走って逃げます。
楽しくなるとついコースを外れてしまいがちですが、
コースからはみ出さないように事前にしっかり約束しておきます。

ジグザグの曲がり角で方向転換する時には、
つま先に力を入れて踏ん張り、下半身で動きを切り返しながら
上半身を進行方向に向けていく動作が必要になります。
この動作が巧緻性といった体の器用さを育てることにつながるので、
繰り返し行なっていきます。

慣れてきたらコースの幅を狭くしたり、
ジグザグの角度をきつくしたりしながら難易度を上げていきます。
他にも、コースの線を縄ではなく、コーンなどを間隔を空けて置いて
作ったコースにすると、点と点を頭の中でつなげてイメージすることが
できるので、イメージ力や空間認知能力の発達につながります。

楽しく遊びながら、子ども達の能力を引き出し、
育てていきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ