こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

発達障害では感情のコントロールが苦手ですがそれには理由があります。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

発達障害の子ども達は、自分の感情をコントロールすることが苦手で
思い通りにならないと急に怒って暴れたり、
泣きわめいたりすることがあります。

そうすると周囲の人は、びっくりしたり、「わがまま」と
感じてしまうことも多いのですが、発達障害の人は
感情をコントロールしたり、表現したりすることがそもそも苦手です。

さらに感覚過敏の症状がある場合は、他の人には何とも無い
光や音、においにストレスを感じていて、
かんしゃくを起こしやすい状態になっていることもあります。
必ず理由があってのことなので、周囲の理解が必要になります。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは運動療育を主軸としていますが、
運動は感情をコントロールする脳の前頭前野の働きを高めるので
他の療育活動ともうまく組み合わせながら行なっています。

運動療育で用いている運動療育プログラムの中から
「前回り降り」をご紹介します。

まずは鉄棒で「すずめさん」に変身します。
すずめさんは、鉄棒につかまって乗ったら、肘を伸ばして
両足を揃えてまっすぐ伸ばします。
その姿勢から頭をゆっくり前に倒していき、
肘を曲げながら体で鉄棒を包み込むようにして回ります。

勢いよく回転すると、着地で足がバタンと勢いよく落ちてしまい、
途中で手が離れて落下するリスクも高くなります。
ゆっくり回転をコントロールしながら、静かに着地できるように練習します。

ただ、子ども達に「ゆっくり静かに降りましょう」と言っても
難しいので、鉄棒の下に置いてある絵を着地する前に目で見て
答えられるようにしたり、
鉄棒の下に2色のカップなどを置いて着地する色を指定したりしながら、
降りる前に1度、腕に力を入れられるように促します。

まだ筋力が弱いと難しいので、補助もしながら行ない、
たくさん成功体験を積めるようにしていきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ