こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

ASDではやってはいけないことが理解しにくく、具体的に根気良く指導することが必要です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

ASD(自閉症スペクトラム)では、常識とされていることや
暗黙のルールのようなことの理解が難しいのも特徴です。
一度言っただけで理解することは難しいので、
社会に出て許されない行動や人を傷つけるような行動に関しては、
具体的なやり方を示しながら、
理解するまで根気良く教えていくことが必要です。

早いうちに適切に対応していくことで、
スムーズに社会に適応できるようになっていきます。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「なぞなぞグーパー」をご紹介します。

床には線路に見立てて2本の線を平行に引いておきます。
その線路を使って、まずはグーパー跳びをします。
線路の中に足を閉じて両手は胸の前にくっつけたグーの姿勢で入り、
次は足を開いて、両手も大きく広げたパーの姿勢で
線路の外側にジャンプします。
これを繰り返していくのがグーパー跳びです。

このグーパー跳びで一定のリズムで進みながら、
なぞなぞやクイズに答えていきます。
なぞなぞを聞いている時や答えを考えている時、
答えを言う時にも、一定のリズムでグーパー跳びを
維持することが一番のポイントです。

一定のリズムを維持しながら別の思考をすることは
とても高度なことなので、
最初はゆっくり進みながら、なぞなぞも簡単なものから
始めていきます。

繰り返していくことで、語彙力、判断力、調整力、集中力
などがしっかりと身に付いてくるので、
楽しい活動になるように工夫することを心がけています。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ