こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

ADHDの過集中にはその子に合わせた支援が必要です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

ADHDの人は感情や行動をコントロールすることが苦手です。
好きなことに熱中し始めると他のことは目に入らなくなり、
食べるのも寝るのも忘れてしまうほど熱中してしまうこともあります。

集中できるのは良いことですが、やるべきことがおろそかに
なってしまったり、生活習慣が乱れて健康を害してしまうことも
あるので、時間を区切ったスケジュール表を作ったり
タイマーを使うなどその子に合わせたサポートが必要です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「走り前回し跳び」をご紹介します。
走りながら前回し跳びをする動きで、短縄跳びが跳べることが
前提の遊びです。

走りながら前回し跳びをするためには、
走る動作と縄を回して跳ぶ動作を同時に行う必要があるので、
走る速度と縄を回す速度を自ら調整し、タイミングを合わせる
意識が大切になります。
その場で跳ぶ短縄跳びは、「跳ぶ」「着地」というように
「静」と「動」がはっきりしているので動きが理解しやすいですが、
走り前回し跳びでは常に動きながらの動作なので難易度が高くなり、
リズム感や抑制力も必要になります。

また、手と足で別々の動きをするので、その協応力が弱いと
スムーズに行なうことができません。
その場合は、引っ掛からないように縄を片手で持って回してみたり、
縄を使わずに行なうやり方など、1人1人に合わせた遊び方が
たくさんあるので、子どもの苦手に合わせて遊びを提供していきます。
そして失敗経験を減らしながら成功体験を増やし、
できたという満足感や達成感を大切にしていきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ