こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

ADHDでは脳内神経伝達物質の不足も原因の1つと言われています。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

ADHDの原因はまだ解明されていませんが、
ドーパミンなどの脳内神経伝達物質が不足気味で
前頭前野がうまく働いていないことも
原因ではないかと考えられています。

そのために、過集中になったり暴走してしまったり、
大事なときに電池が切れたようになってしまったり、
日常生活の中で様々な支障があります。

この神経伝達物質は、「運動」によって分泌を促すことが
できるので、運動あそびでの運動療育がとても効果的です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「大縄の走り抜け」をご紹介します。
指導者が一定のリズムで大縄を回すので、
その中を縄に当たらないように1人ずつ走り抜けます。

回っている縄の中を、縄に当たらないように
一気に走り抜けるのがポイントです。
縄が怖くて途中で速度が遅くなったり止まってしまうと
縄に当たってしまうので、
最初に見本を見せながらしっかりと伝えておきます。

それでも、どうしても途中で速度が遅くなってしまう子がいるので、
指導者が縄を回すスピードを調節することで
縄に当たらないようにしながら、
まずは途中で止まってしまわないことを覚えるようにします。

また、縄のリズムと走り出すタイミングを合わせる
リズム感もポイントになります。
自分でタイミングがつかめるまではスタートの合図を出してあげたり、
上手な子とペアを組んで、手をつないで引っ張っていって
もらうことで成功体験を積みながら遊ぶようにします。

そうすることが、本人の自信をつけることにもつながるので、
1人1人に合った方法で取り入れていきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ