こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

発達障害特性で筋力が弱く生活面に支障を来たしていることがあります。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

発達障害のある子ども達の中には、体の筋力が弱いことで
日常生活の様々な場面で困難さを感じている子ども達がいます。

例えば体幹の筋力が弱いために、食事や勉強の時に姿勢が保てなくて
辛かったり、なかなか集中できないという困難があります。
また、まっすぐ走ること、ジャンプ遊び、階段の昇り降りなどが苦手で、
友達との遊びが楽しめないということもあります。

学校生活では椅子に座って勉強をする時間が長いので、
座り姿勢を維持できないと学習にも影響が出たり、
本人にとっては座っているだけで精一杯なので、常にストレス状態で
かんしゃくを起こしやすくなってしまうなどの影響もあります。

こどもプラスの放課後等デイサービスで行っている運動療育では、
運動あそびで楽しく体を動かしながら日常生活で必要な基礎筋力・体力を
身につけることができます。
また、友達と一緒に行なうことでコミュニケーション能力や
社会性を高めていくこともできます。
子ども達1人1人に必要な力を見極めながら、
運動あそびの提供をするようにしています。

今日は、教室で提供している運動療育プログラムの中から
「イメージカンガルーカップタッチ」をご紹介します。

赤や緑、黄色など複数の色のカップを床にランダムに配置します。
子どもは両足を閉じてジャンプするカンガルーさんで、
指示された色のカップをタッチしていきます。
カップをタッチする時はしゃがんでタッチするようにします。

色の指示を出す時は「赤」ではなく食べ物や物に例えて
「トから始まる丸い野菜」
「おさるさんが好きな細長い食べ物」のような言い方で表現します。
こうすることでイメージ力や理解力、判断力、語意力や語彙力、
そして集中力が強く育ちます。
また、カップにしゃがんでタッチする時にはスクワットのような
動きができるので、下半身を中心に鍛えられる効果もあります。

楽しいと感じている時、集中力がさらにアップするので、
個々にあわせたやり方を大事にして提供するようにしています。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ