こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

自閉症児に多い白黒思考には根気良く対応することが必要です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

毎日の生活の中で、間違いや失敗は誰にでもあるものですが、
ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の中には
テストの問題を間違えることやゲームで負けることなどを
極端に恐れ、パニックやかんしゃくを起こして
なかなか気持ちが切り替えられない子ども達がいます。

思い込みやこだわりの強さで、
白か黒、0か100しかないというような極端な考えに
なってしまうので、間違えても失敗しても大丈夫ということを
根気良く伝えていく必要があります。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、
発達障害やその傾向がある子ども達に、
運動療育を主軸とした療育を提供しています。
その運動療育プログラムの中から
「陸上バタフライ」をご紹介します。

子ども達は周りの友達と間隔を空けて立ち、
腕を大きく回しながらその場で両足ジャンプをします。


腕を回しながら跳ぶ動きは、上半身と下半身で別々の動きをするので
慣れるまでは難しいですが、
短縄跳びではこの力が必要になるので
腕回しとジャンプのタイミングが合うように
ゆっくり大きな動きで練習していきます。

短縄跳びの動きは複雑で難しいので、最初から縄を使わずに
このように動きを分解した遊びで練習していきます。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ