こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

発達障害児にとってスタートの時期は不安やストレスがとても強くなります。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

いよいよ年度末ですね。
4月は入園、入学、進級の時期でいろいろなことが
「スタート」する時期です。

発達障害の子ども達は、この「スタート」自体が割りと苦手です。
新しい教室、新しい先生、新しい友達。
いつもと違う時間割で係決めや班決めなどもあり、
人とコミュニケーションをとったり
判断を迫られることも多く、不安やストレスが強くなる時期です。

子ども達の不安を和らげることができるように、
私達もサポートしていきたいと思います。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「ジグザグカンガルー&タンバリンタッチ」をご紹介します。
床に縄をまっすぐにしておきます。
子ども達は両足をくっつけて跳ぶカンガルージャンプで、
縄を踏まないようにジグザグに跳んで進んでいきます。

ジグザグに進むことでジャンプの方向が前ではなく
斜め前になるので、バランスがとりにくくなり
足で踏ん張る力や横に倒れないバランス力が身につきます。
また、着地と同時に上半身を次の進行方向に素早く向けることが
スムーズに進むポイントです。

まずはこのジグザグカンガルーの動きを行い、
スムーズにできるようになったら
次は1回着地するごとに、目の前にあるタンバリンを
手でタッチしながら進みます。
縄を踏まないようにジグザグに跳びながら、
毎回着地と同時にタンバリンを叩くので、
2つのことを同時に処理する力が必要になります。

2つのことを同時に行なうのは難易度が高いので、
1つ1つ習得しながらゆっくり進めていきます。
そして、集中力や判断力、体幹の力や身体コントロール力、
2つのことを同時に処理する力などを
日常生活でも活かせるようにしていきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ