こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

発達障害の子どもへの療育では苦手な理由の見極めが大切です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

発達障害を持つ子ども達には様々な特性があり、
それぞれに違った困り事を抱えています。

例えば身体の使い方が不器用で、
紙に字を書くことが苦手な場合があります。
字を書く時は、左手で紙を押さえて右手で鉛筆を持って字を書く
というように、右手と左手で違う動きをする必要がありますが、
これが難しい子がいます。
他にも鉛筆を持つのが苦手な子、座った姿勢を保てなくて
書くことに集中できない子などその理由は様々です。

現れている症状だけで判断せず、しっかりと苦手な理由を
見極めることが適切な支援につながります。
いつも子どもの視点に立って、臨機応変に対応をしていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「芋虫バランス」をご紹介します。

2本の平均台をくっつけて並べ、その上にうつ伏せで乗ったら
両手と両足で平均台の横を挟みます。
そして両手を前に出して体を引き付けるようにして進みます。

最初のうちは足の力も使いながらで良いので、
平均台から落ちないようにバランスをとりながら進んでいきます。
足への意識が薄くなりがちですが、足の方が不安定になるので
落ちないようにしっかりと足にも意識を向けて進むように
伝えながら行います。

まだ腕の力が足りなくてうまく進めない子には、
平均台ではなく床に置いた縄をつかみながら進んでいく遊びや、
仰向けやうつ伏せの状態で縄の端をつかんで、
指導者が縄を持って引っ張っていくような遊びを多く取り入れ、
子どもの段階に合わせて腕の引き付ける力や体幹の筋力を
養っていきます。

こうして運動あそびによって身に付けた力を
日常生活でしっかりと活かしていくことができるように、
1人1人に適切な療育支援を行なっていきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ