こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

発達障害では完璧主義という特性を持つ場合があり適切な対処が必要です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

発達障害の特性の1つとして、「完璧主義」というものがあります。
この特性を持っていると、勉強でも遊びでも何でも完璧にできなければ
気が済まず、少しでもうまくいかなかったり失敗しそうになると、
かんしゃくを起こしたり自分をひどく責め、
次第に失敗を恐れて何も行動できなくなってしまいます。
さらに、自分だけでなく他の人にも完璧を求める傾向があり、
人とのトラブルの原因にもなります。

これは脳の特性なので、簡単に考え方を変えることはできませんが、
失敗しても良い、完璧でなくても良いということを
本人の気持ちに寄り添いながら伝えていき、それぞれに合った支援を
していくことが大切になります。
私達の教室でも、1人1人の特性に合わせた支援を心がけています。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「跳び箱1周跳び」をご紹介します。

低めの跳び箱を用意し、跳び箱の上に両手をついたら、
足でジャンプをしながら跳び箱の周りを時計回りに回っていきます。

ポイントは、手の指をしっかりパーに開いて、両手を蝶々のように
くっつけてつくこと、足を揃えてできるだけ高くジャンプをすることです。
速く1周することではなく、足を高く上げてジャンプすることを
意識してできるように促します。
速く回ろうとすると、手の付き方やジャンプがおろそかになってしまうので、
最初に良い見本と悪い見本をわかりやすく見せて確認しておきます。

慣れてきたら、高いジャンプができるように空中で足打ちをしたりしながら
繰り返し遊んでいきます。
そして、腕の支持力や空中でのバランス力、跳躍力、空間認知力などを養い、
跳び箱の跳び越しにつなげていきます。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ