こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

親子で柳沢運動プログラムを体験してみよう!~跳躍力編~

こんにちは^^

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラス 運動保育士の福地です。

本日は前回に引き続き、「柳沢運動プログラム」についてご紹介いたします!

子どものジャンプが「ドタバタジャンプ」になってしまうのはなぜ?

前回もご紹介しました、柳沢運動プログラムの基本の3つは覚えていますか?

そうです!前回投稿しました「支持力」、「懸垂力」、そして本日ご紹介する「跳躍力」です!

幼児期のジャンプって、両足が揃わずに「ドタバタ」してしまいますよね?

日常の「歩く」運動は、かかとから着地してつま先を最後に上げるという動きをします。

それに対して、「跳躍運動」はつま先から着地するという、非日常の動きです。

「歩く」と「跳躍運動」では、使っている筋肉が全く違う為に、ドタバタジャンプになってしまうわけです。

(「生きる力」を育む 幼児のための 柳沢運動プログラム 基本編から)

本日は「跳躍運動」の中でも代表的な「カンガルージャンプ」についてご紹介いたします!

カンガルージャンプで重要なポイントは、「飛ぶときに膝をきちんと曲げる」「両足をきちんとそろえて跳ぶ」という、この2つです。

この2枚の写真では、きちんとポイントが抑えられているのが分かりますかね?

ドタバタジャンプになってしまう児童には、「足の間に糊をつけたのでもう動きません!」と、魔法の言葉をかけてあげたり、膝の間にタオルなどを挟んでジャンプしてもらうのも良いですね♪

是非、ご自宅でもお子さんと一緒にチャレンジしてみてくださいね^^

次回の記事では、「懸垂力」の運動をご紹介いたします♪

福地

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ