こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

ADHD特性で感情コントロールが難しい場合は個々に支援が必要です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

ADHD特性を持つ子ども達の多くは感情をコントロールすることが難しく、
周りから見たらささいと思えることで怒りを爆発させてしまったり、
カッとなると衝動的に手が出てしまったりすることがあります。

これは、単に本人の性格の問題ではなく、発達障害によって
脳の前頭前野の働きが弱いことからきています。
前頭前野がしっかりと働いていれば、過去の経験や情報から
総合的に判断して感情を理性的に抑えることができますが、
それが苦手なために感情のコントロールが難しくなっています。
つまり、感情コントロールが難しいのは脳の特性によるものなので、
本人の努力だけでは改善が困難ということです。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、運動あそびによる
運動療育を主軸としていますが、運動は感情コントロール力を養う
効果的な方法です。

遊びながら様々な面でスキルアップができ、生活が送りやすくなるように
支援をしていきたいと思います。

今日は、教室で提供している運動療育プログラムの中から
「お便りコウモリ 着地指定」をご紹介します。

まずは鉄棒につかまって、両手の間に足をかけ
逆さまにぶら下がるコウモリになります。

このコウモリの姿勢から足を離して顔の方に近付けていき、
足をまっすぐ伸ばした状態にします。
そこから顎を開いて下を見たら着地位置を確認し、ゆっくり
回転して着地します。
着地位置には、わかりやすいように印をつけておきます。

足を鉄棒から離す時に腹筋や背筋に力が入っていなかったり、
降りることだけに意識が向いてしまうと勢いよく回転して落下したり、
肩に負荷がかかって脱臼などの怪我につながりやすので、
必ずゆっくり回転して着地位置を確認してから着地するように伝えます。

このように考えながら体を動かすことは、とても脳を刺激して
育てることができるので、1人1人に合う遊び方で提供していきます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ