こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

運動遊びで脳機能を回復させる 最新の脳科学がテレビで放映

運動をすることは、脳を育てることにつながる。

もう少し詳しくいうと、運動をキッカケにやる気を出して、
そこから、脳機能を向上させるという取り組みが、近年、注目されている。

高齢者の認知症、うつ病の改善、発達障害の改善など
運動の効果は多岐に渡ることが、最新の脳科学で実証されてきている。

私の研究テーマは、運動と認知機能の関連。
最近は、発達障害の子供達を対象に、運動遊びを行うことで、
日常の生活にも、良い効果をもたらせるように、様々なプログラムをつくって
実際に、提供している。

その時、特に注意しているのが、楽しく行うこと。

大人の場合は、ある程度、強制的でも運動をすると、脳活動が亢進して
認知機能が高められるが、子供の場合はどうも違うようだ。

楽しく運動をすること。それが、やる気をうみ、結果的には感情のコントロールや
集中力の向上につながる。

つまり、姿勢を良くすること、学力を向上させること、社会性を獲得することに
つながる。スグに効果はみられないが、投薬するのではなく、既に持っている
力(脳の可塑性)を最大限に活用するために、今後期待される分野になってくるだろう。

とはいっても、まだまだ分からないことがたくさんある。

運動の強度はどれくらいがいいの?

運動を実施する(継続)時間は?

など、これから詰めていかなければいけない点はある。

まずは、この運動をプログラム化して、多くの保護者や先生に実施してもらえれば
幸いだ。さて、明日は何して遊ぼうかな?

こどもプラス株式会社
柳澤弘樹(博士:体育科学)

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ