こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

自閉症特性で人と視線を合わせるのが苦手な場合があります。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

発達障害、特にASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の中には
人と話している時に視線が合わない、目をそらすということがあります。
話している相手の目を見ないと、何となく感じがわるいと
誤解されてしまうこともありますが、
そもそも人と話す時に目を見た方が良いと知らない場合や
目を見ることを怖いと感じている場合もあります。

無理に目を合わせようとしたりせずに、まずは伝えたいことが
しっかり伝わるように工夫をしながら、
個々にあわせた方法でサポートしていきます。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から「ジグザグかけっこ」
をご紹介します。

床に縄やテープで幅のあるジグザグのコースを作ります。
子ども達はスタートラインに並び、スタートの合図と共に
後ろから指導者が追いかけるので、このコースの中を
コースからはみ出さないように走って逃げます。

ジグザグコースの中をはみ出さないように進むためには、
コースの先を読み、体の動きをコントロールする必要があります。
そして左右に方向転換する時には、先に下半身を切り返してから
上半身を進行方向に向ける動作になり、
これが素早くできるようになると、スムーズにジグザグに進んでいく
ことができ、巧緻性を高めることにつながります。

慣れてきたら、ジグザグの角度のきついところを作ってみたり、
コースの線を三角コーンを一定間隔で置いて作って行なったりします。
こうすると空間認知力を強く養うことができ、身体コントロール力も
強く育てることができます。

子ども達に合わせてコースの長さも少しずつ長くしていきながら、
楽しくステップアップして遊んでいきたいと思います。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ