こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

発達障害特性で肥満や運動不足になりやすいことがあります。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

子どもが自分で食事量をコントロールしたり、栄養バランスを考えた
食事をすることはなかなかできません。
特に発達障害を持つ子ども達は、感覚過敏から偏食があったり、
満腹感を感じにくかったり、出された食べ物は食べきるこだわりがあったり
様々な理由から食べ過ぎてしまうことがよくことがあります。

食事量のコントロールと適度な運動で、肥満や生活習慣病を予防し、
健康な心と体を作っていくことが大切になります。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「棒またぎくぐり」をご紹介します。

椅子にフープをかけて、高さのある障害物を設置します。
このフープの中にまたいで入ってフープを渡っていきますが、
足などが当たらないように気をつけながら進みます。
渡れたら、帰りはフープの中にまたいで入ったらその場でうつ伏せになり、
地面を這うように進むワニ歩きで出てきます。

慌てるとフープにひっかかって椅子が倒れてしまったりするので、
ゆっくりで良いのでフープに当たらないように進むことを大事にします。
フープに当たらないように進むためには、自分の体の見えている部分
だけでなく、見えていない後ろの脚やお尻、背中などにも意識を
行き届かせることが重要になります。

この感覚が育つと、体のバランスが崩れた時にも今自分の体が
どうなっているのかイメージが容易にできるので、
素早く体勢を立て直して転倒を防ぐことができます。

フープに当たってしまいやすい子は、フープの代わりにまっすぐの棒や
縄にして難易度を調整したりします。
できるだけ失敗経験を減らして成功体験を増やせるように、
遊びにも工夫をしながら取り入れていくようにしています。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ