こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

発達障害では後天的な二次障害の予防がとても重要です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)などの
発達障害は生まれつきの脳機能の問題によって起こる障害です。
それに対して適切な対応がされないことで引き起こされるのが、
二次障害と言われるもので、人によってうつ病や不安障害、
自律神経失調症など様々な症状が現れます。

発達障害だけでも多くの困難や生き辛さがあるのに
そこに二次障害の症状も加われば辛さは大きく増えることになります。
そのため、発達障害では二次障害の予防がとても大事な
ポイントになります。

こどもプラスの放課後等デイサービスの教室でも、
1人1人の症状や特性に合わせた療育でスキルを身につけたり
得意なことはもっと伸ばして自信をつけたり、
子ども達が成長していく上で必要な力を育てていけるように
毎日工夫しながら楽しい療育活動を心がけています。

今日は、私たちの教室で提供している運動療育プログラムの
「サルのボールつかみから逆上がり」をご紹介します。

逆上がりの前段階の遊びになります。
まず鉄棒を逆手で握り、脇を締めてぶら下がる
「サルのぶら下がり」をします。
そして足元にあるボールを両足の指先あたりで挟み、
そのまま上に持ち上げながら逆上がりをします。

逆上がりができたら、着地せずにそのまま鉄棒の上で
肘を伸ばした「すずめさん」の姿勢になり、
足に挟んだボールを後ろに投げてから、
自分も後ろにジャンプして着地をします。

懸垂力や腹筋などが強く必要になり
最初から1人で行なうのは難しいので、
子どものお尻や背中を押す補助をしながら行います。
補助付きでの達成でも、成功のイメージを持つことが
できるので、とても大事な経験です。

逆上がり達成のために1人1人でやりやすい方法や
補助の仕方などは違ってくるので、個々に合わせた方法で行ない
やりとりの中でもいろいろな力を育てていけるように
工夫しながらやっていくようにしています。

そのためにも、子ども達1人1人を日々よく見ながら
小さな変化や成長にも気付けるように心がけ、
いつも最適な療育活動が提供できるようにしたいと思っています。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ