こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

子ども達の生きやすさ、将来の自立につながる療育を行なっています。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

発達障害を持つ子ども達も、いずれは社会に出て仕事をしながら
自立した生活をしていくことが求められます。
そのためには、自分の発達障害特性とうまく付き合いながら
生活していける力が必要になります。

子ども達にはそれぞれに様々な特性があり、ASD、ADHD、LDの
複数の特性を持ち合わせているケースも多くあります。
特性の種類によっては、自分の強みとして活かしていくことも
十分に可能です。

そのためにも、まずは今子ども達が感じている困り事、生き辛さを
療育によって軽減しながら、
将来につながるサポートをしていくことがとても大事です。
子ども達1人1人に丁寧に寄り添いながら、支援サポートを
していきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「合図で前転」をご紹介します。

マットを横一列に並べて置き、子ども達はマットの端に沿って
一列に並びます。
そして両手を肩幅に開いてマットの端につき、お尻を上げて
前転の準備姿勢をとったら、合図があるまで待ちます。
そして、「3,2,1」や「せーの!」などの合図で
全員が一斉に前転をします。

前転の準備姿勢のまま、合図があるまで我慢して待つことで、
普段あまり使わない緊張筋を刺激することができたり、
周囲の友達を意識してタイミングを合わせることや
合図をしっかり聞くための集中力なども養うことができます。

慣れてきたら合図を違う方法にして、さらに聞く力や
判断力などを刺激していきます。
ひっかけを入れてみたり、「果物の名前を言ったら」
「男の子だけ」などいろいろなやり方があります。

合図を変える以外にも、全員一斉に回るのではなく
端から1人ずつ順番に前転をしていくなどのアレンジもあります。
さらに周囲を感じる力が必要になるので、
子ども達の様子をみながら取り入れていきます。

子ども達にとって楽しく効果的な療育活動になるように
毎日の活動を行なっていきたいと思っています。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ