こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

ASDの記憶力は特徴的で良い面も悪い面もあり、支援が必要です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の記憶力は特徴的です。
例えば、ついさっきのことは忘れてしまうのに
何年も前のことをいつまでも鮮明に、昨日のことのように
はっきりと覚えていて話をしたり、
少し見ただけの建物の絵を細部まで書き上げたりします。

その特徴的な記憶力によって良いこともありますが、
その分辛いこともたくさんあります。
過去の悲しい記憶や恐怖の記憶なども忘れることができず、
そしてそれが突然フラッシュバックしてきたりすることもあります。

子ども達の毎日が少しでも楽しく安心したものになるように
私達も支援・サポートをしていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「ジグザグカエルジャンプ」をご紹介します。

まず、足を横に開いてしっかり腰を落としてしゃがみ、
両手をパーにして足の間につきます。
そしたら、手足同時に跳び上がり、カエルのように
ぴょこぴょことジャンプをして進んでいきます。


このカエルジャンプがスムーズにできたら、次はフープを使って
ジグザグのコースを作り、その中をカエルジャンプで進んでいきます。
フープを踏まないように、フープの中だけに手足をついていくようにします。

そうすることで空間認知力や先を読む力、体の動きをコントロールする力
などが刺激されて育ちます。
また、ジグザグコースで左右に動きを切り替えることで、
足の指先の踏ん張り力や体幹の筋力が育ちます。

1人1人に合ったものになるように、遊びを工夫しながら
楽しく能力アップを目指していきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ