こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

ASDでは初めてが苦手なので成功体験につなげるサポートが必要です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

誰でも初めてのことに挑戦するのは、不安さや緊張感があるものですが、
ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は
もっと怖くてドキドキしてしまいます。

そのため、未経験のことはなかなかやろうとしないことが多いですが、
最初に「楽しい」とか「うまくできた」ということを
味わうことができれば、うまく次につなげていくことができます。
反対に、最初に失敗したり嫌な思いをしてしまうと
二度とやりたくない、となってしまうので注意が必要です。

上手に手助けをしながら成功体験を積み重ねて、
できることを増やしたり自信をつけていけるようにしていきます。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「1本線のクマ歩き」をご紹介します。

床にビニールテープで1本線を引いておきます。
子どもは、四つんばいから膝とお尻を上げて前を向くクマ歩きで
この1本線の上を落ちないように歩いていきます。

腕で体を支える支持力、線から落ちないように歩くバランス力、
そして空間認知力が養われる遊びです。
また、途中でバランスを崩した時に体勢を立て直すことで
身体コントロール力や体幹などの基礎筋力も養われます。

やってみると意外と難しく、集中力と抑制力が強く必要になる
遊びです。
最初から長い距離で行なわず、少しずつ距離を伸ばしていきながら
最終的には10mほど歩けるように挑戦していきます。

こうした運動あそびで動ける体をつくっておくことで、
日常生活での動作の向上や怪我の防止にもつながるので
子ども達に合わせて調整しながら取り入れ、
少しずつ確実に力をつけていきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ