こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

視野の狭さがあるASDでは周囲の人の支援が大切になります。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は視野が狭く、
周りがよく見えていないことがあります。
そのため、歩いていてよくつまづいたり、壁にぶつかったり、
遠くの物に注意を向かせることが難しくなります。

安全面で配慮をしたり、気付きやすいような工夫をし、
少しずつ視野を広げるトレーニングもしながら
サポートしていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「2人で救急車片足クマ」をご紹介します。

子ども達は2人ペアを作ります。
ペアの一人は四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢から、
片方の足を後ろに上げて「片足クマ」になります。
もう1人は片足クマの子の後ろに立ち、上げた足を両手で持ちます。


そして、2人で一緒に息を合わせて前に進んでいきますが、
特に後ろで足を持っている子は、前の子に合わせる力が必要です。
自分のペースで進もうとして押してしまうと、
前の子はつぶれて顔を床にぶつけてしまうし、よそ見をしていたり
ボーっとしていて遅れると、前の子の足を落としてしまいます。


後ろの子は、片足クマの子の動きをよく見ながら
ペースを合わせて動けるように、最初に上手な見本と悪い見本を
わかりやすく見せ、伝えます。


また、足を持ち上げる時や下ろす時も突然行なうと
相手がびっくりしたり痛い思いをしてしまうので、
その辺りのポイントもしっかり伝えながら、ペアの遊びで
相手を思いやる気持ちも育てていきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ