こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

発達障害では、特にスモールステップを大事に療育を行ないます。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

発達障害の有無に関わらず、運動でも学習でも
子ども達に指導する時にはスモールステップで進めること
がとても大切なことです。

最初は高いところにあった目標も、
少しずつ上っていくことで必ず到達できます。
小さなステップにすることで失敗経験も減らせるので、
子ども達は自信を無くさずに挑戦することができます。

その子が必要としている力を効果的に育てることが
できるように、しっかり見極めながら療育を進めていきます。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「足きりごっこ」をご紹介します。
床には2本の線を25センチ幅くらいになるように引き、
3人ずつその線の中に垂直の向きで入ります。
そして、その線の中から出ないことを約束します。


指導者が2人で縄の端をそれぞれ持ち、
子どもの前から足元をすくうように動かすので、
縄にひっかからないようにタイミング良くジャンプして避けます。
着地する時も線からはみ出ないように気をつけます。


縄の動きにタイミングを合わせてジャンプをする判断力、
縄が動く速さや距離を計算して、
引っ掛からないようにジャンプをする空間認知能力、
縄の動きに集中する集中力、
楽しくてはしゃぎたい気持ちを抑える抑制力など
日常生活でも必要な様々な力の発達を促すことができます。
慣れてきたら、縄が前からも後ろからもくるようにすると
動きを素早く切り替える力も養われます。

子ども達が縄に集中して行なうことができるように
細かな配慮もしながら、まずは楽しく遊ぶことを大事にし、
積極的に運動あそびに参加できるようにしていきたいと思います。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ