こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

療育活動では失敗経験を減らし成功体験を増やすことを大切にします。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

ADHDの子ども達は、物事の優先順位をつけるのが苦手です。
そのため、あれもこれも思いついた端から手をつけてしまい、
気がつくと部屋の中がやりかけの物だらけで
足の踏み場も無い状態になっていたり、
出かける時間になっても準備ができていなかったりと、
生活に様々な支障があります。

こうした失敗経験が積み重なることで自信をなくし、
精神的な二次障害につながってしまうこともあるので、
症状によっては、投薬で症状の改善をはかり、
失敗経験を減らして成功体験を増やすことで自信をつけたり、
自己肯定感を回復させながら療育を進めていくことが必要です。


私達の放課後等デイサービスでの療育活動でも、成功体験の積み重ねで
子ども達が自信をつけていけるように支援しています。

教室の主軸である運動療育プログラムから「ジグザグスキップ」
をご紹介します。
床にテープ等で幅のあるジグザグコースを作り、その中をスキップで進みます。
コースからはみ出さないように進むには、
ジグザグのコースをしっかり視覚で捉えながらスキップをしていく
必要があり、空間認知力や先を読む力、身体コントロール力など
多くの力が必要になります。

また、スキップは腕を振るタイミングとジャンプのタイミングを合わせて
一定のリズムで進む動きなので、一度に複数のことに意識を
向ける必要があり、とても頭を使う動きです。


スキップ自体がスムーズにできないと難しいので、
スキップ遊びが十分に上達してから取り入れ、
無理なく取り組めることを大事にしながら
体を器用に動かす巧緻性を強く育てていきます。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ