こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

おつかいカンガルーでリズム良く跳んで大縄跳びの練習です。八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

いつも行っているカンガルー跳びは、足閉じた状態で跳ぶ動きですが、
跳んでいるうちにジャンプすることだけに気を取られて、
足の間が開いてしまうことがよくあります。

今日ご紹介する「おつかいさんがルー」では、
足の間にお手紙に見立てた紙を挟んで跳んでいくので、
紙が落ちないように足をピタッと閉じなければできません。
そして、足をくっつけているのでふらつかないように
バランスを取りながら、一定のリズムでジャンプする必要があります。
一定のリズムでジャンプするためには、
腕を振って上半身の力も連動させながら膝を曲げてうまく
体をコントロールすることが大切になります。
この動きで、大縄跳びなどの連続ジャンプがスムーズに
できるようになります。

大縄跳びができるようになってからもこの動きをすることで、
さらに確実に習得できるので、繰り返し行っています。

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ