こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

☆「家で出来る運動遊び12♫のっそりゆっくりクマさん!!」八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラス

こんにちは。
八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。
運動保育士の高桑です。

 

家の中で出来る柳澤運動プログラムをご紹介いたします!!
 
【クマさん発展運動:よ~く見てのっそりゆっくりクマさんで進もう!】

①お母さんお父さんは、両足を開きます。
②子どもはお母さんお父さんの足を踏まないように、クマに変身して歩きましょう。
③行ったり来たりして、何度も歩いてみましょう。
 
★上手になるための伝え方☆
「早く進むと、お母さん(お父さん)の足にぶつかっちゃう!のっそりクマさんに変身してゆっくり進もう!」
大人の足の位置を考えて、手足を動かすことによって、物体がある場所、大きさ、形、物体同士の位置関係などを素早く正確に認知する力≪空間認知能力≫が養われます。
◎よくつまずいて転ぶ子や歩いていて物にぶつかる子などは、きちんと見ていても物を立体的に把握することが難しいので、段差がどのくらいあるかやつまづかないためにどのくらい足を持ち上げればよいのか素早く判断することができません。
なので、≪空間認知能力≫を養う動きは大切です。

 
■アレンジ□
・お母さんお父さんは、徐々に膝を高くしたり低くしたりと難易度を変える
→どこまで足を上げればよいのかなど考えながら体を動かしていきます。
・後ろ向きに進んでいく
→足から動かすので、後方感覚も養えます。
 
▲気を付けるポイント△
・前のめりに転ぶ場合もあります。手の指先までしっかり伸ばせているか、足が上がっているか様子を見ながら行いましょう。
 
クマさんだけではなく、カエルさんやうさぎさんなどいろいろな動物に変身してやってみましょう!
うさぎさんでジャンプする時は、両足で跳ぶことを意識させてください。
跳ぶ時の足がバラバラになってしまうと、引っ掛かり転倒する可能性があります。
(足を踏まれるのではないかと、大人もちょっとドキドキします(;・∀・)笑)
→不安な場合は、子どもと正面向きになり、手を握り「1,2の3」とジャンプするタイミングを合わせるとよいです^^
また、子どもが座って、お母さんお父さんが動物に変身するのも楽しいですよ~♪
 
高桑

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ