こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

運動療育では遊びながら生活に必要な基礎力を身につけていきます。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

現代の子ども達は、運動不足や生活環境の変化などによって
足の発達が遅れがちです。
特に足の指先を使う機会が著しく減っているので、足の踏ん張りがきかず、
体のバランスをとるのが苦手で転びやすかったり、
まっすぐ歩くことが苦手だったりします。
また、足裏の土踏まずも未発達な子が多いので、バランスの悪さや
疲れやすさなどにもつながっています。

それは運動の場面だけでなく日常生活にも様々な支障をきたしてくるので、
運動あそびで足先や足裏をしっかり刺激することが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムから
「アヒルの柵越え」をご紹介します。

まずアヒル歩きは、つま先立ちで足を開いてしゃがみ、手をアヒルのくちばしと
しっぽのようにして歩く動きです。

このアヒル歩きで、縄やゴム紐などで作った低い障害物をまたいで歩きます。
しゃがんだ姿勢で歩くアヒル歩きは、足を一歩出すごとに素早く体重移動をし、
倒れないようにバランスを取りながら歩くので意外と難しい動きです。
さらに障害物をまたいで歩くことで、強いバランス力や
足の指先の踏ん張り力が養われます。

疲れてくるとお尻がだんだん上がって中腰になりやすいので、
しっかり下に下げた姿勢で歩くようにし、
短めの距離設定から行なうようにします。

うまくできない場合は、指導者が前に立って手をつなぎながら行なうなどの
補助をし、無理なく遊べるように配慮しています。
上手にできる子は障害物の高さを少し上げたり、タイムを測ったり
友達と競争したしながら少しずつ上達を目指し、
自信や次へのやる気につなげています。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ