こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

発達障害は完治しませんが療育によって生活がしやすくなります。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

発達障害による特性は、完全に無くすことはできませんが、
対応次第でスムーズに安定した生活を送ることは可能です。

例えば、遅刻が多く時間を守れない場合は「時間の感覚が弱い」ため、
1日の細かい時間割を作って利用したり、タイマーなどを使うことで
時間通りに動きやすくなります。
約束や大事なことを忘れがちな場合は「ワーキングメモリ(記憶のお盆)が
小さい」ので、頭で覚えておくのではなくその都度メモをとる癖をつけるなど
1人1人に合わせた適切な対応で改善が目指せます。

簡単なことではありませんが、子ども達が将来社会の中でスムーズに
生活を送っていくために支援・サポートをしていきたいと思います。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「小波跳び」をご紹介します。

大縄の縄を、回さずに子どもの足元で左右にゆらゆら揺らします。
子どもは1人ずつ、その縄に引っ掛からないように跳びます。
何度か連続でジャンプしますが、足元にはテープなどで四角い枠を
作っておき、その中から出ないようにします。

子ども達の中には、その場での連続ジャンプが苦手で
ジャンプの度に動いていってしまうことがあります。
縄跳び遊びではその場でのジャンプができることが重要なので、
練習しながら少しずつその場での習得していきます。
また、ジャンプをする時は、足を閉じた状態で跳ぶことが
大事なポイントになるので、足がバラバラにならないように
膝の間に紙やハンカチを挟んで行なったりもします。

縄の動かし方で難易度調整が簡単にできるので、
慣れるまでは縄の動きを子どものジャンプに合わせるようにして
失敗経験よりも成功体験を増やしながら、
楽しく体を動かせるようにしていきたいと思います。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ