こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

療育が辛い訓練の時間になってしまわないよう工夫が大切です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

発達障害を持つ子ども達も、いずれは社会に出て自立した生活を
していくことが求められます。
そのため、子どもにあれもできるようになってほしい、
これもできるようになってほしいという思いが強くなり、
生活の中でも常に訓練やトレーニングばかりに
気持ちがいってしまうことがあるかもしれません。

もちろん将来的には自分で身の回りのこと、仕事のこと、
人間関係などうまく管理しながら生活していくことが
求められるかもしれませんが、
まず大事なことは、療育によって子ども本人が
今の生活が暮らしやすくなることです。

家庭での時間や放課後デイでの時間が
療育が辛い訓練の時間になってしまわないように、
教室が安心して過ごせる居場所ということを大事にしながら、
その中で少しずつスキルを伸ばしていけるように
支援・サポートをしていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムから
「ウシガエルの線路上進み」をご紹介します。

ビニールテープなどで作った、幅20センチほどの線路を
ウシガエルの動きで渡っていく遊びです。
まず足を開いてしゃがみ、両手をパーにして線路の
中につきます。
次に、手はついたままでジャンプして足を線路の外側に
つきますが、足の着地位置は手の横か
手よりも前にくるようにします。

気をつけるポイントは、
手を指先だけでなく手のひらまでしっかりつくこと、
顎を開いて前を見ること、
手と足が同時にジャンプしないように
手→足→手→足の順番に進むこと、
足を手の横か前につけるようにすることです。

これらのことを意識することで、
腕の支持力、身体コントロール力、協応力、バランス力、
リズム力などをしっかりと育てていきます。
そして、跳び箱の開脚跳びにつながる力を
つけていくことができます。

見本を見せたり隣で一緒に行ったりしながら
少しずつ上達を目指して遊び、
子ども達が自信をつけながらステップアップして
いけるようにサポートしていきます。
そして、運動あそびによってつけた自信を
療育活動や学習にもつなげていけるようにしたいと思います。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ