こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

☆「だんごむしダンスはじめました♪」八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラス

こんにちは。
八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。
運動保育士で防災士の小高です(^^)

 
こどもプラス天神町教室での運動あそび(柳澤運動プログラム)では、運動を始める前に、切り替えの意味や軽く体を慣らす意味でも、まず行進や準備体操、ダンスなどから行います☆
 
発達障がいの特性の一つでもある”切り替えが苦手”なお子さんは特に、急に「運動始めます!」と伝えてもなかなかスムーズに動くことが出来ないこともあるためです。
 
これまで、ラジオ体操第一、からだダンダン体操、ラーメン体操などなど…子ども達のリクエストにも応えながら日替わりで様々な体操を行ってきましたが、今年から新しく「だんごむしダンス」を始めました♪♪
 
↓↓↓ クリック♪ ↓↓↓
 
だんごむしダンス
 

 
Youtubeで検索すると、色々なタイプの「だんごむしダンス」が出てきますが、こどもプラスが行っているのは、
「りょうてであたまのうしろをまもる~・・・♪」から歌いだしの軽快なダンスです☆
地震がきたら一番大事な頭を守らなきゃいけないという事が、シンプルに分かりやすく伝わってきます!
 
この体操を始めたきっかけは避難訓練です。
特に突発的にくる地震の際、いくらスタッフが子ども達を守ろうとしても、子ども自らも”身を守らなきゃ”という意識が少しでもなければ大けがをしかねません。
 

こどもプラス天神町教室には、学校にあるような勉強机はありません。
そこで子ども達に「頭を手で覆って小さくかがんで!!」と声をお掛けたところで、それがどういう事か、どんな体勢か、理解するのが難しい子も少なくありません。
 

 
だんごむしのポーズは、頭を手で守りながら体を小さく丸める、まさに「だんごむし」の格好そのもの!
この「だんごむしダンス」は、その要素を取り入れながら、リズム感良く、楽しく体を動かしながら「地震がきたらだんごむし」と、シンプルに分かりやすく子ども達に伝えることが出来ます(^^)
 

 

目標は、地震が来た時でもスタッフが何も言わずとも、子ども達全員が一斉にだんごむしのポーズを出来るようになることです(笑)
そして、普段の何気ない時にも無意識に「だんごむし~♪だんごむし~♪」と口ずさむようになってくれたら嬉しいです(>▽<)♪
 

 
楽しく体を動かす事+身を守る術を楽しく学ぶ、この両方を一緒に出来る「だんごむしダンス」
是非、ご自宅でもやってみて下さい☆

 

 
こどもプラス天神町教室では、Facebookも随時更新しています(^^)/

ぜひ、いいね!やシェアをよろしくお願いいたします☆★
 

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ