こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。
 

今日は、ショックなことがありました・・・うつ病の傾向は無いようですが。。。

こんにちは。こどもプラスの柴崎裕貴です。

今日は、少々、ショックなことがありました。実は、脳の活動を測定する装置を
うちの代表の柳澤が購入しました。

この装置は、脳の神経活動を測定するための装置です。
今、どれくらい頭を使っているのかをみることができます。

昔から、勉強をして知恵熱が出ると言いますが、まさしく、頭を使っているときには
脳の活動が活発になります。

ということで、脳の活動を測定しながら、計算問題を行ってみました。

暗算を5分ほど行って、どれくらい脳の活動が上がるかと言うチャレンジです。

500から3を引き算をしていくというシンプルなものですが、
これだけでも、通常は脳の活動がアップします。

ちなみに、うつ病の患者さんは、この問題をやっても脳の活動が
殆ど上がりません。脳の前頭前野の活動が落ちているからです。
そのため、やる気が沸いてこなくなり、家から出ることができなくなるわけです。

発達障害の子どもさんは、脳活動がどのようになっているのだろう?

発達障害の子どもさんは、脳活動がどのようになっているのだろう?

さて、結果は、私の惨敗でした。。。
必死に計算していたのですが、あまり脳の活動がアップしませんでした。

しかも、右脳と左脳の活動にも、大きな差がありました。
寝不足だと、右脳と左脳の活動に差が生まれると言われているので、
今日は、帰って早く寝ようと思います 笑

この機械は、この他にも、秀才タイプか、一般タイプかなどを
みることもできるので、機会があれば一度チャレンジしに来て下さい。

昨年、うちの代表の柳澤弘樹氏は、この装置を使って兵庫県の自治体から
発達が気になる子の脳活動測定を依頼されました。

そして、私たちが実施している運動遊びのプログラムが、
脳機能を改善して、集中力がアップすること、日常生活にメリハリが
みられるようになることを発見しました。

学会では、優秀賞をいただくような世界的にも注目される実験になっています。

八王子市の発達障害施設。柴崎先生の脳活動

八王子市の発達障害施設。柴崎先生の脳活動

11月1日の教室オープンするまで、しばらくお待ち下さい。

いくつか、イベントを用意しているので、また追って連絡させていただきます。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

遊び・運動・学習指導 ”こどもプラス”
柴崎裕貴

当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
お気軽にお問合せください。

 

 

こどもプラスは全国に教室がございます。
教室情報はこちらからご確認いただけます。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

pagetopへ