こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

ASDでは相手の気持ちを察することが苦手な傾向にあり療育が大切です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

発達障害でも特にASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、
相手の表情から気持ちを読み取って理解するのが
苦手な傾向にあります。

療育で少しずつ力をつけていくことが必要ですが、
勉強や訓練のようになってしまわないように
絵や写真などを見て、その人の感情を当てるような
クイズ形式での遊びなどが良い方法です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「表情当てゲーム」をご紹介します。

指導者が子ども達に向かって喜怒哀楽様々な表情を見せるので、
それがどんな感情の顔か当ててもらいます。
最初はゆっくり時間をかけて行ない、慣れてきたら表情の変化
スピードを速くしたり、子ども同士でやってみたりしながら
少しずつ相手の気持ちを察したり共感する力を育てていきます。

また、普段の生活の中でも意識して声掛けをしていくことも、
効果を高めることにつながります。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ