こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

ADHD特性での困り事はできることから1つずつステップアップを目指します。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

ADHDの多動性や衝動性、ワーキングメモリの弱さなどの脳の特性は、
生活面で様々な支障を来たします。
例えば、学校から帰った途端「あのテレビ番組見なきゃ」と
意識がテレビに飛んで、宿題や学校からのお便り、友達との約束などは
すっかり忘れてしまいます。
それから喉が渇いて冷蔵庫のジュースを飲んでいたら
テーブルの上のおもちゃを見つけて、テレビのことも忘れて
ジュースも置きっぱなしで遊び始めてしまう。
といったように、次から次へと意識のターゲットが変わっていき、
その度にそれまでやっていたことは記憶から抜け落ちたように
すっかり消えてしまいます。

これは脳の特性によるものなので、叱ることで改善を促したり
本人の意識だけで治すことは困難です。
1人1人に合わせた支援方法で、できることからサポートを
していくことが大切です。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「スキップの途中で大ジャンプ」をご紹介します。

まず全員で自由にスキップをします。
途中で笛やタンバリンなどで合図を出すので、合図があったら
子ども達は止まり、「1,2の3!」のリズムでその場で
大きなジャンプをします。
大きなジャンプをするためには、腕振りと足の振り上げが重要なので、
最初に見本を見せながらスキップとの違いを伝えておきます。

また、スキップの途中で大ジャンプをする時に「1,2,3」の
タイミングに合わせて指導者や周りの友達と息を合わせることで、
周囲を意識する力、社会性も養われます。

ジャンプの後の着地でバランスを崩してしまう場合は、
足の指先の踏ん張る力、腹筋背筋など体幹の筋力が弱いことが多いので、
日頃の遊びの中でも意識して育てていくようにしています。

子ども達が基礎的な筋力や運動能力を身に付け、できることを
増やしたり日常生活での動作の向上が目指せるように
支援していきたいと思います。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ