こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

発達障害特性のある子ども達には成功体験・褒められる体験が特に重要です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

子どもの育ちにおいては、褒めることがとても重要な要素ですが、
発達障害を持つ子ども達には特に「褒められる」体験や成功体験が
重要になります。

発達障害特性を持つ子ども達は、日頃の失敗経験や注意・叱責の多さから
自己肯定感を下げてしまいやすいので、成功体験の積み重ねや
褒められることで自信をつけていけるような関わりが必要です。

子どもによって効果的な褒め方が違ったり、チャレンジできるハードルの
高さなどが違うので、その子に合った方法で療育を提供していきます。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「ぶら下がり人形投げ」をご紹介します。

小さい三角コーンに手人形をかぶせた物を、鉄棒の少し前に置きます。
鉄棒の後ろにはフープを置いておき、子どもはその中に入ったら
鉄棒を逆手に握って、まずは腕を曲げた状態でぶら下がります。

そこから両足で手人形を挟んで持ち上げ、鉄棒の前にいる
指導者に足で投げて渡します。
投げる時は、足の力だけで投げても体を前後に振って反動をつけてから
投げても良いです。
もし人形をなかなか持ち上げられない場合は、
足の近くまで人形を持っていってあげるようにします。

足で人形を投げられるようになったら、どんどん遠くまで
投げられるようにしていきたいので、誰が一番遠くまで飛ばせるかで
競争してみたり、点数をつけたりしながら遊んでいきます。

また、逆上がりにつなげていくための遊びでもあるので、投げる方向を
前方向から少しずつ真上や後ろに向かって投げられるようにしていきます。
そして、腕で体を引き付ける力、腹筋、太ももの筋力などを育て、
逆上がりだけでなくいろいろな動きにつなげていきたいと思います。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ