こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

発達障害グレーゾーンで支援を必要としている子ども達がたくさんいます。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

発達障害の特性は、多かれ少なかれ誰もが持っている症状がほとんどです。
発達障害と定型発達の境界線も曖昧で、診断はついていないけれど
発達障害の特性は持っているというグレーゾーンの人もかなりいます。

そんな中で、自分や身近な人が細心の注意を払ったり
環境調整をすることで何とか生活できているという人や、
個別の支援を必要としているが、まだ受けられていないという人もいます。

周囲が理解し、適切に支援をしていくことで発達障害特性を軽減し、
良い方向に伸ばしていくことができるので、
個々に必要としている支援を提供できるように私達も心がけています。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「クマの足スキップ」をご紹介します。

まずは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢になります。
そしたら、両手は床についたまま動かさずに、
足だけを動かして足スキップの練習をします。
「1,2,1,2」の掛け声や手拍子で、子ども達がリズムを
取りやすいように促します。

その場での足スキップがスムーズになったら、ゆっくり前に進んでみます。
前に進む時には、手は「1,2,1,2」のリズムですが
足は1回に3歩進むリズムになるので、格段に難しくなります。
そのため、頭の中で手の動きと足の動きに別々に意識を向けて
リズムを取りながら動かすことが必要になります。


速く進もうとすると大人でも難しいくらいなので、
ゆっくりで良いのでリズムを大事にしながら進んでいきます。

運動あそびでは、小さな目標をたくさん達成しながら
成功体験を積み重ね、自信をつけていくことができます。
1人1人に合った目標設定をし、子ども本人が楽しいと思えることを
一番大事にしながら療育活動を進めていき、
能力を引き出し伸ばしていきたいと思います。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ