こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

発達障害の気付きの遅れによる不適切な対応も二次障害を誘発してしまいます。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

LD(学習障害)は生まれつきの認知機能の偏りから起こる発達障害の
一種で、生活面や学習面などでの様々な困難があります。

言われた通りにやることができないのも、学習の遅れがあるのも、
子どもが怠けているわけではありません。
むしろしっかりやりたい、友達と同じようにできるようになりたいと
思い悩んでいるのですが、周囲がそれに気付かずに注意・叱責を
繰り返したり、特性に合わない方法を強制してしまう
ということが残念ながらあります。

不適切な対応や環境によってさらに遅れが大きくなったり、
様々な二次障害につながってしまう可能性が高まるので、
まずは早期発見、そしてその子の特性に合った支援方法を見つけて
提供していくことがとても重要です。

こどもプラスの放課後等デイサービスでも、1人1人への
支援を大切にしています。
今日は、教室で提供している運動療育プログラムの中から
「新幹線片足クマ」をご紹介します。

まず片足クマのやり方は、四つんばいから膝とお尻を上げたクマの
姿勢から、片方の足を後ろに上げて、両手と片足の3本足で
歩く動きです。
この動きでは、体幹のバランス力、腕で体を支える支持力、
手足の連動性など全身の力を高めることができます。

この片足クマ歩きで、新幹線のように速く進んでいきます。
ポイントは、両手をしっかりパーに開いてつくこと、顔を前に向けること、
片足を高く上げること、そして上げた足はまっすぐ伸ばすことです。
これら全てを意識しながら、さらに速く進むということも加わると
とても難しいので、まずはどれか1つのポイントに絞って
上達を目指していくようにします。

そして、ある程度のスピードで進めるようになってくれば
全身の連動性や身体コントロール力が身についてきたことになるので、
その先もどんどんレベルアップしていくことができます。

運動あそびでは、子ども達の達成感や満足感、そして成功体験を
大切にしながら、安全に楽しく行なえるようにしています。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ