こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

発達障害の子ども達は多くの人と感じ方が違い戸惑っていることがあります。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

私達の持っている「感覚」は、同じようでいて皆少しずつ違っています。
それでもある範囲の中におさまっていることで
大きな苦痛や困難を感じることもなく社会生活が送れていますが、
発達障害の人達では、ものの感じ方が多くの人と大きく違うことがあり、
その過敏さや鈍麻さによって日々戸惑ったり
苦しんだりしていることがあります。

例えば食べられる物や着られる服が限定されたり、
多くの人が気にならないことがとても気になったりしています。
そして、それを言葉にして伝えることが苦手な場合も多くあります。
いつもと様子が違う時は、よく観察して原因を見極め、
取り除けるものは取り除いて安心させてあげるなど
早めの対応が大切です。

子ども達が安心して過ごせるように、日々細かな部分まで
しっかりと見て対応していきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「リズムに合わせてグーパー跳び」
をご紹介します。

まずグーパー跳びの練習をします。
グーは、両腕を曲げて胸につけ、両足を閉じて跳ぶ姿勢。
パーは、両腕を伸ばして上にバンザイのように広げ、
両足を開いて跳ぶ姿勢です。
これを交互に繰り返して進んでいくのがグーパー跳びです。

このグーパー跳びを、自分のリズムで跳ぶのではなく
指導者の出すリズムに合わせて跳ぶようにします。
速いリズムで行なうのが目的ではなく、人のリズムに合わせて
動くということが大切なポイントなので、
しっかりとこちらに意識を向けさせながら行います。

この動きでは、手と足の両方に意識を向けながら、
人のリズムに合わせて体を動かすということが必要になるので、
前頭前野をとてもよく働かせることができます。

このように、運動は脳にとても良い刺激を与えてくれるので、
体だけでなく脳育てにも大きな効果があります。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ