こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

発達障害の子ども達には個々に合った学習環境を整えてあげることが大切です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

小学校の通常学級で生活するには、45分間椅子に座っていられる力や、
先生の指示に従って行動できること、集団行動ができることなど多くの力が必要です。
例え発達障害があっても少し工夫をしてあげることで、
十分通常学級でも生活ができたり、通級で対応できることもあります。

ただ、無理に通常級に入れてしまうと失敗経験が重なったり
注意される回数が増えたり、友達からのからかいがあったりすることで
自己肯定感が低下し、不登校や精神的な二次障害にもつながることもあります。

その子に合った環境で生活することができるようにサポートしていくこと、
そして放課後等デイサービスなど学校以外の場での療育支援によって、
子どものスキル獲得を支援していくことも大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「クモの巣渡り(側転)」をご紹介します。

2本の縄を床から15センチほどの高さに、間を空けて
並行になるように設置します。
縄の外側に縄と並行の向きで立ち、2本の縄の間に両手をついて
両足で横方向にジャンプしたら縄を跳び越します。

ポイントは、両手は肩幅くらいに開き、手が縄と並行になるようにつくこと、
目線を手ではなく着地点に向けておくことです。
着地点には、わかりやすいようにテープなどで印をつけておきます。

この遊びは、ゆくゆくは側転につながる動きなので
足を高く上げて跳べることが目標ですが、
最初のうちは足を高く上げられなくても横ジャンプができればOKです。
慣れてきたら少しずつ着地点を遠くにしたり、
縄の高さを少し上げながら上達を目指していきます。

少しずつ自信をつけながら成功体験を増やしていき、その自信を
他の活動にもつなげていきたいと思います。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ