こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

発達障害の子ども達にはスムーズな活動を促すための工夫が必要です。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

ASD、ADHDなど発達障害を持つ子ども達は、個々の様々な理由から
1日の活動をスムーズに行なうことが難しい場合があります。

例えば、今日は自分の好きな活動や遊びがある日なのに、
それが朝一番にできるわけではなく、その時間になるまで
我慢しなければならないという状況がよくあります。
そんな時、順番通りにやっていきたい気持ちがあっても、どうしても
好きな遊びが気になって他の活動が手につかなくなってしまったり、
なかなかできないことでかんしゃくを起こしてしまったりすることがあります。

気持ちを整理したり感情をコントロールすることが難しい子ども達なので、
最初から必ずスケジュール通りにこなすことを目指そうとすると
うまくいかないことが多々あります。
まずは先に好きな活動を少しだけでもやらせてあげることで
その後の活動がスムーズにできたりするので、
臨機応変に対応していくことが大切になります。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「足開きソリ」をご紹介します。

子ども達は2人組みになり、1人が足を開いて床に座ります。
もう1人は座っている子の前に向かい合って立ち、
両手を持って後ろ向きに引っ張っていきます。

座っている子は足の親指に力を入れて足をしっかり伸ばして開き、
左右に振られても横に倒れてしまわないように、腹筋背筋に
力を入れてバランスをとります。
引っ張る子は足の指先に力を入れて踏ん張りながら引っ張ります。

スムーズに進むためには、2人の息を合わせることがポイントです。
どちらかが力を抜いているとうまく進めないので、
相手をよく見ながら行なうようにします。
特に引っ張る子は、急に勢い良く引っ張ったり急角度で曲がったりすると
危ないので、相手をよく見て意識することが大切になります。

2人組みでの遊びは社会性やコミュニケーション能力を育て、
他者を理解する力を身につけることにもつながるので
できる範囲で積極的に取り入れていきたいと思います。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ