こどもプラスは運動+学習で、笑顔とやる気を育てます。

運動が苦手なアスペルガー症候群でも運動療育で改善できます。 八王子の発達支援教室 こどもプラスの放課後等デイサービス

八王子の発達支援教室 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

アスペルガー症候群の子ども達は、運動が苦手で
手先も不器用なことが多いといわれます。
それは、外からの感覚刺激が脳の中でうまく理解できず、
頭と体がバラバラになってしまっているためです。

こどもプラスの運動療育では、1人1人に合わせた段階の運動あそびを
提供できるので、運動が苦手でも楽しく取り組むことができます。
また、体だけでなく社会性やコミュニケーション能力なども
同時に身につけていくことができる運動プログラムです。

運動療育プログラムから「焼いもごろごろでピン倒し」をご紹介します。
まず、スタートラインから少し離れた位置に
ボーリングのピンに見立てたものを1つ置いておきます。

子ども達は2人でペアを作り、スタートラインに向かい合って寝転びます。
そして、手足をまっすぐ伸ばした「焼いも」になります。
両手はバンザイのようにし、ペアの友達としっかりつなぎます。
そしたら2人で息を合わせて横に転がっていき、ピンを倒します。

うまくピンを倒すには、お互いに相手に動きを合わせることが大切です。
進むスピードがずれると手が外れてしまったり、
コースが曲がっていってしまうのでピンが倒せません。

お互いに相手を意識することや協力することを経験し、
相手を思いやる気持ちや友達と遊ぶ楽しさも感じていけたらと思います。

  • 応募フォームから申し込む
  • 資料請求
  • ご質問・ ご相談

脳科学と子育て

運動をすることで、子供達の脳にどのような効果があるのでしょうか?
最新の脳科学で分かっていることを分かりやすくお伝えします。 以下のステップで登録すれば、すぐにご覧いただけます。

  • STEP1下記、メールアドレスを入力いただき、
  • STEP2 「今すぐ参加する」というボタンをクリックするだけです。
  • STEP3明日から子供の将来のために役立つメール講座をお送りいたします。
  • ※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。
今すぐ下記から、メールセミナーにご登録いただき
あなたの子供のために、より良い環境をつくっていきましょう。

柳澤弘樹

メールアドレス

pagetopへ